ホーム教材メニューコマンド・システム変数作業効率UPお知らせお客様の声

HOME < 教材メニュー <ExcelVBA活用マニュアル

『AutoCAD使い方サポート お試し版』

『AutoCAD使い方サポート お試し版』として、各マニュアルの一部を抜粋して、ひとつにまとめたお試し版を提供しています。

  詳細はこちら     お申込みはこちら

 

AutoCAD LTを操る ExcelVBA活用マニュアル

Excel(エクセル)と
AutoCAD LTを連動させると
いろんなことができます。

~図面作成にExcel(エクセル)を活用したいあなたへ緊急なお知らせ~

AutoCAD LTの作業効率を10倍増にする!

『AutoCAD LTを操る
       ExcelVBA活用マニュアル』

 お申込みはこちら

 

AutoCAD/AutoCAD LTの図面作成で、ExcelVBAを活用したいユーザのために、ExcelVBAを学習できるマニュアルを作成しました。

AutoCAD/AutoCAD LTの作業効率をUPさせたい方へ、土木図面を題材にしたExcelVBAの活用マニュアルです。ExcelVBAを使って、AutoCAD/AutoCAD LTを操作するノウハウが詰まっています。


『Excelを持っているが、AutoCADに活用していない。』
『AutoCAD操作のExcelVBAの使い方を覚えたい』
という皆様へ

ExcelをもっているのにVBAを使っていない方が多いのではないでしょうか。

ExcelVBAは、AutoCAD LTでも使うことが出来ます。

AutoCAD/AutoCAD LTとExcelVBAを連携させると、本当にいろんなことが、ボタン1つで可能となります。

ExcelVBAを使うと、実に10倍、もしかしたら100倍もの作業効率UPが可能です。

では、どんなことができるのか。

『ExcelからAutoCAD/AutoCAD LTのコマンドを実行させる。』

簡単に説明すると、ExcelVBAで行っているのは、これだけです。

ちょっと簡単過ぎましたので、もう少し具体的な例をあげます。

これらは、ほんの一例です。

 

 お申込みはこちら


ExcelVBAとは、

VBAとは、『Visual Basic for Application』といって、ExcelやWordなどのアプリケーションソフトに対して命令を記述するプログラミング言語です。

AutoCADのレギュラー版には、このVBAの機能がありますが、AutoCAD LTには、ありません。

しかし、ExcelのVBAを使って、AutoCAD LTを操作することができます。

『プログラミング言語』と聞いて、尻込みをしないでください。

ExcelのVBAは、Excelの機能を利用することで、簡単に実用的なプログラミングを作ることができます。

上の図のように、線分オブジェクトで作図された図形の辺長を記入するとしましょう。


商品内容

ExcelVBA活用マニュアルのテキスト (208ページ)

B5サイズでリング製本してありますので、パソコンを操作しながら見開きで利用できます。

 お申込みはこちら


サンプルデータのダウンロード

マニュアルで扱うサンプルデータを専用のダウンロードページからダウンロードして使うことができます。

 


販売価格

★『AutoCAD LTを操る ExcelVBA活用マニュアル』

(消費税込み)
サポート ダウンロード版
価  格 4,000円

※ ダウンロード版の支払方法は、銀行振込みのみとなります。

とにかく、ExcelVBAで自動作図の快感を味わいたい方は、いますぐお申込みください。

あなたにも必ず、ExcelVBAが操作できます。

 

 お申込みはこちら

 


ページの先頭へ